日本ソルテック株式会社

Aerohive アクセス ポイントシリーズ製品情報

AP130 アクセスポイント

AP130

  • 完全コントローラレス(分散、協調型)をサポート
  • HiveManagerマネージメントサポート
  • AES/CCMP、TKIP、RC4(WEPのみ)をサポート
  • 2.4GHz 802.11b/g/n 5GHz 802.11a/n/ac 2x2:2 MIMO 内蔵アンテナ
  • 高度なQoSをサポート
  • 802.3af PoE サポート
  • 0℃~40℃ までの環境での動作をサポート
  • 寸法 147mm (W) x 147mm (D) x 42mm (H)
  • 重量 510g
  • 定格消費電力 最大11.0W
AP150W アクセスポイント

AP150W

  • ウォ-ルプレート型802.11ac Wave2 3x3:3 アクセスポイント及び有線スイッチ
  • HiveManagerNGマネージメントサポート
  • 2.4GHz 802.11b/g/n 5GHz 802.11a/n/ac Wave2 3x3:3 MIMO 内蔵アンテナ
  • 高度なQoSをサポート
  • 802.3af/at PoEをサポート
  • 0℃~40℃ までの環境での動作をサポート
  • 寸法 105.9mm (W) x 29.2mm (D) x 175mm (H)
  • 本体 重量 390g、 ウォールプレートブラケット 重量 100g
  • 定格消費電力 最大28.2W(48VDC入力時)
AP250 アクセスポイント

AP250

  • 完全コントローラレス(分散、協調型)をサポート
  • HiveManagerマネージメントサポート
  • TPM(Trusted Platform Module):ハードウェア ベースのキー ストレージと暗号化
  • 2.4GHz 802.11b/g/n 5GHz 802.11a/n/ac Wave2 3x3:3 MIMO 内蔵アンテナ
  • 高度なQoSをサポート
  • 802.3af PoE サポート
  • 0℃~40℃ までの環境での動作をサポート
  • 寸法 184mm (W) x 184mm (D) x 18.7mm (H)
  • 重量 810g
  • 定格消費電力 16.1W
 

Aerohive アクセス ポイント シリーズの特長

Aerohiveの 完全コントローラレス型アーキテクチャーは従来の無線アーキテクチャー(第1・第2・第3・第4世代)とは全く異なる画期的なアーキテクチャーで、第5世代と言われています。
クラウドにもAPにもどこにもコントローラがない。APが協調しあってコントローラと同等以上の機能を実現します。ネットワーク管理だけがクラウドにあります。
 
 
Fifth Wlan
クラウドマネージメント HiveManagerの役割
クラウドマネージメント HiveManagerの3つの役割
 
HiveManager

製品に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ



| |