1. HOME
  2. ITソリューション
  3. ネットワーク製品
  4. Proxim ORiNOCO® AP-9100 (IEEE 802.11ac)

Solution

ITソリューション

Proxim ORiNOCO® AP-9100 (IEEE 802.11ac)

Proxim ORiNOCO® AP-9100 (IEEE 802.11ac)

IEEE 802.11a/n/ac & b/g/n デュアルラジオ搭載アクセスポイント

ORiNOCO®エンタープライズ無線APシリーズの進化版となる 『AP-9100』 は、2.4GHz帯の802.11n、 5GHz帯の802.11acに対応し、デュアルラジオ出力機能により両帯域を同時利用できます。 また、標準付属ACアダプタかPoE給電で動作します。 管理フレーム暗号化(802.11w)による侵入/改ざん防止とHotspot 2.0機能対応により、 過酷な環境に対してもセキュアかつ高品質なAP機能を提供できます。 費用対効果に優れた 『AP-9100』 は、企業ネットワークの安心な無線化を実現可能にし、 ユビキタス社会の到来を更に加速化していきます。

ORiNOCO® IEEE 802.11ac の特徴
ProximのORiNOCO® 802.11n 対応製品は、いくつかの技術的な飛躍により既存の100Mイーサネット・ネットワークをも凌ぐ パフォーマンスを実現し、導入コストの大幅な削減にも貢献。既存の 802.11n 対応 AP をあらゆる意味で凌駕しています。
●3×3 MIMO の実装により、5GHz帯で最大670Mbps(※)、2.4GHz帯で最大310Mbps(*)のスループットを実現
●既存の典型的な WLAN AP と比較した場合、最大7倍のスループットを実現
●既存の標準的な 802.11a/b/g/n バンドと比較した場合、最大1.5倍の範囲を無線 LAN カバレージエリアにすることが可能
●Proxim ORiNOCO® ブランドの各種 AP 製品で設置済みの取付金具を、そのまま使用可能
●独自の省電力設計により、AC アダプタはもちろん、従来の 802.3af 規格での PoE 給電(※)のみで完全動作を実現

* 100Mbps以上のパフォーマンスを得るには、 APを接続するPoEアダプタやエッジスイッチ等の機器が「1000BASE-T」以上の規格に対応している必要があります。

IEEE 802.11a の新規格、W56とは・・・?
W56とは、2007年1月に総務省が無線LAN用に開放した周波数帯域(5.6GHz帯の全11ch)を指します。従来のW52/W53と 同様、各種レーダーと周波数を共用するために動的周波数選択機能(干渉を回避する機能)であるDFS(Dynamic Frecency Selection)の実装が義務付けられていますが、W52/W53とは異なり、免許無しでの屋外利用が認められています。

ご相談はこちらまで

Proxim ORiNOCO® AP-9100 (IEEE 802.11ac)製品仕様

スタンドアロン タイプ
IEEE802.11 ac/n/g/b/a 3×3:2.4G 3×3:5G MIMO
2.4GHzと5GHz無線 同時使用可能
LANポート 1 x 10/100/1000Mps
802.3af/802.3at PoE サポート
0℃~40℃ までの環境での動作をサポート
寸法:170mm (W) x 170mm (D) x 44.1mm (H)
重量 : 398g
消費電力: 12.9 W

記載の仕様または機能は予告なしに変更される場合がありますので、ご了承ください

関連製品