1. HOME
  2. 導入事例
  3. アウトソーシング
  4. キッティング、リサイクル業務を全面アウトソース

CASE STUDY

導入事例

キッティング、リサイクル業務を全面アウトソース

な製品・情報・サービスをトータルに創造し、すぐれたパフォーマンスでシステムを提供しているのがコモタ株式会社です。日本ソルテックではコモタのシステムを、キッティングやリサイクルセンター業務を通じて長年に渡りサポートしています。

コモタ

単なるアウトソース先ではなく、業務を進めていく上で欠かせないパートナーと考えています。

コモタ株式会社 
調達物流部マネージャー 水野誠一氏

指示がなくても積極対応。その姿勢と深い知識、高い技術力を信頼
アウトソースの内容

機材の組み上げ、ソフトウェアの組み込み等の「キッティング業務」と、交換用部品などのリサイクル・管理を行う「リサイクルセンター業務」。

導入のメリット

自社対応では大きな負担となる業務を委託することで、より付加価値の高い業務にリソースを集中できるようになった。リサイクル業務の委託では、コスト削減や故障傾向の統計的把握も可能に。


サポートの質が問われる ガソリンスタンド向けのITシステム
――御社の業務内容について教えてください。

コモタ株式会社は、ガソリンスタンドビジネスを中心に、業界をリードする製品やシステムを開発し提供してきました。POSシステムやコンピュータ、そしてセルフ式ガソリンスダンドで使われる端末や釣銭機、ネットワークサービスなど、創業以来、開発・製造・販売・保守といったすべてのプロセスを一貫して自社で行っています。

――当社にアウトソースしている業務の内容についてお聞かせください。

キッティング業務とリサイクルセンターの業務になります。まずキッティング業務は、工場で生産された機材を組み上げ、ハードウェアにソフトウェアを組み込むなど、システムとして出荷するための準備作業です。リサイクルセンターの業務は、主に交換用部品などのリサイクルと管理です。ガソリンスタンド向けのシステムは、たとえば冷寒地や土埃が多い場所など、コンピュータの稼働に適しているとは言えない条件で使われることも多く、部品交換による迅速なサポートが欠かせません。そのサポートの中核を担っているのがリサイクルセンターです。

製品と業務への深い理解が 信頼の理由
――キッティングやリサイクルセンターの業務を、なぜアウトソースしているのでしょうか。

たとえばキッティング業務には、ゴールデンウィーク前や年末前などの時期に業務が集中するといった季節変動がありますが、それに自社で対応するのは大きな負担がかかります。そういった業務をアウトソースすることで、私たちはシステムの開発や販売など、より付加価値の高い業務にリソースを集中することが可能になりました。

――かなり長期に渡ってそれらの業務を当社に委託していただいていますが、その理由は?

私たちと日本ソルテックとのお付き合いは10年以上になりますね。その中で日本ソルテックとはさまざまなノウハウを共有させていただいています。弊社の製品について細かな部分まで把握していただいていますし、季節によってどんな故障が起こりやすいか、そしてその修理のためにどんな部品が必要かといったことまで理解していただいているので、こちらが細かな点まで指示しなくても自律的に動いていただけるという点は大きいですね。
また日本ソルテックは、POSシステムメーカーである日本NCRの関連会社ということもあり、POSシステムに精通した技術者の方が多くいらっしゃるというのも心強い点です。

積極的な対応で さらなるコスト削減を実現
――当社に業務をアウトソースしたことで、どのようなメリットが生じているとお考えですか?

キッティング業務は先ほど申し上げたように季節変動が大きいのですが、繁忙期であっても指定された納期に遅れるわけにはいきません。日本ソルテックは急な依頼でも柔軟に対応してくださるので、とても信頼が置けます。

またリサイクルセンター業務では、コストを削減するためにさまざまな工夫をしています。メーカーでの修理に相当しない摩耗部品の交換などについてはリサイクルセンターで簡易修理も行ってもらっています。 メーカーとの調達や修理出しも必要な量だけ適切なタイミングで手配することで、輸送コスト・在庫コストを最低限に抑えるようにしています。これらは、製品に関する深い知識と高い技術力を持つ日本ソルテックだからこそ実現できていると思います。

――最後に、当社についてのご意見などあればお聞かせください。

細かく指示をすれば対応してくれる企業というのは当然ありますが、そうすると発注側である私たちにも大きな負荷が生じてしまいます。しかし日本ソルテックでは、自ら積極的に対応していただけます。こういった対応をしてくれるところは、なかなかないのではないでしょうか。リサイクルセンターに蓄積される情報から「ここをこうすれば故障率が下げられるのでは」といった改善提案をしていただけることもありがたいですね。そういった意味で、日本ソルテックは単にアウトソース先ではなく、業務を進めていく上で欠かせないパートナーであると考えています。


Secup-BSD搭載サーバは各種ソフトウェアが自動更新されるので、運用コストを低く抑えられる。